Premiere Pro

05.文字の入力

更新日:

文字を入力してみましょう
上部のメニューバーにあるファイルから新規、タイトルをクリックします
Text_Add_01

PremirerProでは文字や図形を入力する機能を「タイトル」と呼んでいます
タイトルを作成するとこのように名前つける必要があります、それ以外は何も変更しなくて大丈夫です
今回は「Text」という名前にしています
Text_Add_02

そうするとこのようなウインドウが出てきます
タイトルはこの専用のウインドウの中で文字を入力していきます
このウインドウは「Title Designer(タイトルデザイナー)」という名前です
Title Designerの左上に小さなアイコンがいくつもあります
このアイコンをクリックすることで文字入力、図形を作成などをすることができます
今回は文字を入力しますのでTと書いてあるアイコンをクリックしましょう
(横書き文字ツールと呼びます)
Text_Add_03

次に映像の好きなところでクリックすると点滅する縦線が出てきます
これで文字の入力ができるようになります
Text_Add_04

点滅している状態でキーボードで文字を入力すれば反映されます
「PremierePro=Tutorial」という文字を入力してみました
Text_Add_05

この文字、ちょっと横にずれてしまっていますね、あと文字の色も変更してみましょう
入力した文字の移動はTitle Designer左上にあるマウスカーソルのアイコンです
(選択ツールと呼びます)をクリックしましょう
Text_Add_07

Title Designerではアイコンをクリックし各ツールを切り替えて使用します
選択ツールに切り替えたら既に入力した文字をドラッグすれば位置を移動できます
前回のクリップと同じようにTitle Designer内でも文字や図形は選択した状態で
様々な調整ができるようになります
色やサイズを調整する際も文字を選択ツールで選択しておく必要があります
Text_Add_08

文字が選択されている状態でTitle Designer右側の各項目で色々と調整が可能になります
文字の色を変更しみましょう、文字の色はカラーという項目で変更できます
カラーという文字の右の方にある四角の箇所をクリックしましょう
Text_Add_09

すると「カラーピッカー」というウインドウが表示されるので
好きな色のところでクリックしてください、今回は青色を選んでいます
選んだら「OK」を押します
Text_Add_10
Text_Add_11

文字の色が変わりましたが見えづらいですね、白に戻しておきます
文字が入力できたらTitle Designerを閉じますのでのウインドウの☓ボタンを押しましょう

作成したタイトルはプロジェクトパネル内に入っていますのでタイムラインにドラッグします
タイトルをドラッグする場合は映像のクリップの上にドラッグします、この場合は「V2と書いてあるところです
Text_Add_12
Text_Add_13

追加されたタイトルクリップはこのままでは短い時間しか表示しません
なので表示する時間を伸ばしてあげましょう
タイトルや画像のクリップは素材に時間がないので自由に表示時間を伸ばす事が可能です
クリップの端をドラッグするとクリップの長さを調節する事ができます
(このままじゃドラッグしにくいのでタイムラインを少し拡大してあります)
Text_Add_14

端っこにマウスカーソルを合わせると赤いカギカッコのような表示になります
その表示の時にドラッグして伸ばします

タイトルの作成方法は以上にですが、少し余談を
タイトルは作成するとプロジェクトパネルの中に「素材」として現れますのでタイムラインに
ドラッグしないと映像の中に表示されません

そして先ほど出てきた「V2」という名前
PremiereProのタイムラインは「トラック」と呼ばれる「レイヤー」で構成されています
Photoshopをご使用の方はレイヤーという名前はご存知だと思うのですが
初めての方に説明をします、ちょっと雑ですがレイヤーの概要です
Text_Add_15

レイヤーというのは透明なフィルムだと思ってください、アニメのセル画と同じですね
PremiereではV1が一番下、その上にV2、V3という透明のフィルムが
トラックという名前で重なっています、映像の上にタイトルクリップをドラッグしたのは
上記の理由からになります

この先、編集していく中で文字や図形、その他ワイプのように小さな映像を重ねる
はたまた合成なんかもするかもしれません
その時にどのトラック(レイヤー)に配置するといいかなど考える必要がでてきます
Adobeさんの製品はPremiereProを始めAfterEffects、Photoshopo、Illustratorといった
クリエィティブ製品があり全て連携できます
今後のチュートリアルでも他のソフトを使用する事があるので今のうちに軽く覚えておきましょう

今回はここまで!
ポイントは
文字の入力はTitle Designerを使用する
作成した文字はタイムラインにドラッグしないと表示されない
トラックとはレイヤーのことである

Related Post




-Premiere Pro
-

Copyright© rgblooks , 2018 All Rights Reserved.