Premiere Pro

04.エフェクトで色合い調整

更新日:

カットができたら今度は映像の色みを調整してみましょう
エフェクトを使う場合はまずは「エフェクトパネル」を表示ます

編集画面左下のエフェクトと書いてあるタブをクリックします
Effect_Color_01

ここにはPremiereProに入っている様々なエフェクトがあります
「ビデオエフェクト」の文字の横にある三角印をクリックするとエフェクトの一覧が表示されます
Effect_Color_02

画像のビデオエフェクトの中にはサードパーティー製のプラグインがいくつかあるので
皆さんとは違う項目が表示されていますがお気になさらず

今回はカラーに関するエフェクトを使用します
まずはエフェクトの適用方法ですが目的のエフェクトをタイムラインのクリップにドラッグすることでエフェクトが適用できます
今回使うのはカラー補正の中にある「RGBカーブ」です

RGBカーブをタイムラインのクリップへドラッグしてみましょう
このエフェクトは適用しても何も変化はありませんので今からエフェクトを調整していきます
Effect_Color_03

エフェクトは適用されると「エフェクトコントロールパネル」に表示されます
編集画面の左上の「エフェクトコントロールパネル」のタブをクリックしましょう
パネル内には先ほどドラッグして適用した「RGBカーブ」の名前がありますね
Effect_Color_04

適用したエフェクトはこのように名前が追加され調整する事が可能になります

エフェクトコントロールパネル内をスクロールして見やすくしてみましょう
RGBカーブはR(赤)G(緑)B(青)とマスター項目の色合いを調整できます
R(赤)G(緑)B(青)はなんとなくわかると思います、マスターは明るくしたり暗くしたりできます
調整する際はそれぞれの斜めの線の好きなところをドラッグします
Effect_Color_05

RBGカーブを調整し好きな色味にするとこんな感じになります
左が適用前、右が適用後です、都会の雰囲気が出ましたね
Effect_Color_06

エフェクトはたくさんあります、色々自分で試してみるのが一番です
好みじゃなかったエフェクトを削除する場合はエフェクトコントロールパネル内の
削除したいエフェクトを右クリックし消去をクリックすれば消すことができます
Effect_Color_07

エフェクトの適用方法はこれで終了なのですが
編集をしているとエフェクトコントロールパネルに何も表示されない場合があります
エフェクトはクリップ毎に適用されているので「タイムライン上にあるクリップを選択」しておく必要がありますので注意しましょう
Effect_Color_08
Effect_Color_09

クリップは選択すると色が変わります、はじめは慣れないかもしれないですが
気がつけば慣れているのでご安心ください
Effect_Color_10

今回はここまで!
ポイントは
エフェクトはエフェクトパネル内にある
エフェクトの適用方法はクリップにドラッグする
エフェクトはエフェクトコントロールパネル内で調整する
クリップを選択していないとエフェクトコントロールパネル内には何も表示されない
この回で編集画面の色々なパネルの表示を切り替えたと思います
PremirerProでは必要なパネルの表示を切り替えて編集していきます

Related Post




-Premiere Pro
-

Copyright© rgblooks , 2018 All Rights Reserved.