Octane Render

Octane Renderのシェーダー一覧

投稿日:

Octane Renderの各シェーダーの一覧と簡易的な説明
マテリアルを作成する際のOctaneで使う各ノード、シェーダー

All Shader Node 

全シェーダーとノードの一覧表こちらの記事をを参考にしてます

Mesh Emitters

光源用のノード、自発発光や画像の発光

■Blackbody emission(黒体発光)

単色発光させる際に使用するBlackbody emission

■Texture emission(画像放出)

テクスチャーを発行させる際に使用Texture emission

Mediums

SS(サブサーフェイス)、吸収や拡散放出

■Absorption medium(光の透過設定)

光が物体を透過する際の各種設定Absorption medium

■Scattering medium(表面化拡散)

表面化の拡散度合、色などを設定Scattering medium

Texture Generators

テクスチャ生成、マテリアル生成時にはこのノードが一番よく使う

■Check(チェック)

チェック模様を生成Checks

■Dirs(ダート)

砂や壁など凸凹部分の濃さを調整Dirt

■Falloff map(フォールオフ)

フレネル反射を調整、布やガラスの映り込みに適しているFalloff map

■Marble(マーブル)

大理石など表現しやすいノイズMarble

■Noise(ノイズ)

ノイズを生成Noise

■Side(サイド)

ポリゴン、サーフェイス裏表に異なるテクスチャーを貼るSide

■Random color(ランダムカラー)

複数の色を配置するRandom color

■Ridged fractal(リッジフラクタル)

フラクタルノイズを表現する、タービュレンスとは異なるRidged fractal

■Sine wave(シンウェーブ)

縞模様を表現するSine wave

■Turbulence(タービュランス)

うねり(動き)を表現するTurbulence

Mappings

ノードを合成や変異

■Clamp texture(クランプ テクスチャー)

色の濃淡でのノードの合成Clamp texture

■Color correction(カラコレ)

明るさ、色相、彩度など画像全般の色の調整Color correction

■Cosine mix(コサイン ミックス)

画像切り替え、トランジションの役割Cosine mix

■Gradient(グラデーション)

C4D標準のグラデーションを流用しているGradient

■Invert(反転)

値を反転Invert

■Mix texture(ミックス テクスチャー)

マテリアルの合成Mix texture

■Multiply(マルチプライ)

マテリアルの蒸散Multiply

Images

画像やHDRIを読み込む再に使うノード

■Image texture(イメージテクスチャー)

画像を読み込むノード、一番使用頻度が高いかもImage texture

■Float texture(フロートテクスチャー)

浮動小数点を操作Float texture

Color And Spectrum

単色を表現する際のノード

■RGB spectrum(RGBスペクトラム)

単色カラーをRGBで指定、テクスチャーを使わない場合は基本的にこのノードを使うRGB spectrum

■Gaussian spectrum(ガウススペクトラム)

ケルビン数値によって色を決定Gaussian spectrum

Transform And Projection

テクスチャーを変形する

■Texture Projection(テクスチャープロジェクション)

テクスチャーの投影方法Texture projection

■Transform(トランスフォーム)

テクスチャーのサイズや角度を変更Transform

Displacement

凸凹やテクスチャーの変異

■Displacement(ディスプレイスメント)

Bumpの疑似変異ではなくポイント変異Displacement

■Ref shader(レフシェーダー)

他シェーダーをリンクするRef shader

 

 

 

 

Related Post




-Octane Render
-, , , ,

Copyright© rgblooks , 2018 All Rights Reserved.