Premiere Pro

様々なカメラと記録機材

投稿日:

 

多種多様な撮影機材

撮影用のカメラは価格帯もそうですが実に様々な種類があります、
それにより実際にどんなカメラを選べば良いのかがわからなくなってしまいます。

まずは映像を撮影する際にどのようなカメラの種類があるか見ていきましょう。

■ビデオカメラ(家庭用)


■ビデオカメラ(業務用)

レンズと一体化をしているカメラですね、
ズームする場合にはかなりの倍率が出せるので撮影が楽になります。

 

■一眼レフカメラ(ASPサイズ)

■一眼レフカメラ(フルサイズ)

写真も撮れてレンズが交換可能となりキレイな「ボケ」が表現できCMでもよく使われるのが一眼レフのカメラです。
昨今の一眼レフは顔認識が自動でできるのも増えており比較的動画撮影がしやすくなっています。

 

■シネマカメラ(低価格帯)

■シネマカメラ(中価格帯)

映画やプロレベルの撮影素材では「色情報の多さが重要」となります
多くの色情報を記録でき、且つ写真ではなく映像用に特化をしたシネマカメラという部類があります。

 

■シネマカメラ(高価格帯) 

 

今までのカメラの上があります、「シネマカメラ」です。
映画や本格的なCM、ドラマなどではこのあたりのカメラが使われるのですが、
このジャンルのカメラはそもそも「レンズ一体化」「本体+レンズ」といったのではなく
・本体
・レンズ
・記録媒体
・モニター
・ビューファインダー
・取っ手
・接続コード
などなどかなり分割されて販売されているので
1つのカメラを揃えるだけでかなりの価格になってしまいます、、、w

プロ用として4Kや8Kなんかで撮影する時はこのようなカメラが必要になりますが、
最低限でそろえても数百万のお話ですので個人での購入は難しいですねw

 

■おすすめのカメラの種類

個人でキレイに残しプロっぽく見せたいのであれば、
一台あれば他にも活かせる「一眼レフ」が良いです。

それに家庭用のビデオカメラより一眼レフで撮影している方がカッコいいですしね!
実際はフォーカスをあわせるのは大変ですがレンズも様々な種類で揃えられるので撮影していて楽しくなりますからね!

記録機材

すでにカメラを持っているけど他には何かないの?
そういう場合には「外付け記録媒体」があります。

こんなの見たことないですか?
01

映像系の雑誌や撮影風景などでカメラについている「なんか映ってる大きなモニター」のことです。
通常カメラには確認用のモニターがついていますがどうしても
・画面が小さい
・フォーカスがどこに合っているのかわからない
などの問題があるため、別途大きめのモニターをつけて撮影時の確認に使うことが多いですが、
このモニターにSSDやSDなどがついており、外部モニター内に映像を記録する事ができます。

■記録用外付けモニター

こういうのや

こんな感じの記録用の外付けモニターがあります。

■記録用外付けモニターを使う利点

モニターが大きく、撮影時の見た目もカッコよくなるというのもありますが、の他にも様々な利点があります。

・編集に適した形で記録できる
・ピーキングが使える(非搭載もあり)
・カメラ側をバックアップ記録として使える

それぞれを見ていきましょう

「編集に適した形」
編集に適しているというのはファイルサイズは大きくなりますが、
読み出しが早く色情報を多く含められるという事です。

「ピーキング」
モニター上にフォーカス(ピント)が合っている部分がわかる
下の画像の赤い部分のようにフォーカスがあている輪郭部分に線が表示されます。
02

「カメラ側をバックアップとして使える」
撮影中に容量がなくなってしまっていた、記録ができていなかったなど実は多いのではないでしょうか?
2箇所でカメラと外付けモニターの2箇所で記録できるので安心です。

 

ざっと撮影の際に使う機材の紹介をしてきましたが、
機材が多くなると重量も増えるのでそこは皆様の体力次第です!

今回紹介した機材以外にも色々な撮影機材はありますが、
ある程度機材がわかると知識も増え楽しくなってくると思います!




-Premiere Pro
-, , ,

Copyright© rgblooks , 2018 All Rights Reserved.